rising_spiritのブログ

東北発 70年代生まれのおじさんの心象世界

イロイロムダンカイ!?

 祝日である本日、皆様いかがおすごしでしょうか?

 のんびり寛がれている方もいればギンギラ11トン(今は13トンか)でお稼ぎの方!?はたまた、いかにしてブログでネタを紡いでいけるか、、、と頭を捻っている方、、、(あ、それは自分か:笑)、いろいろいらっしゃるかと思います。

 

 そんな中、劇団「はいいろカンパニー」主宰者!?として気になったことがありまして。。。(ある意味とても平和だな:ほわ~ん)

 

 「はいいろ」といえば通常「グレー」ですよね!?自分はそれしか思い浮かばなかったのですが、某4コマ漫画で「灰色だからアッシュ、、、」(猫の毛色のくだりで)というセリフがありまして、「ん??」となってしまいました。

 

 恥ずかしながら、そもそも「アッシュ」自体を知らなんだ(笑)

 

 グーグル先生(とウィキ助手)にお尋ねすると「灰、土や塵、、、転じて灰色、染髪の灰色も指す」と。

 ふ~ん。そういうニュアンスでの(毛色のくだりだから?)灰色なのかぁ。。。と納得するも、グーグル先生は他にも「アッシュグレー」なるものをたくさん示してくる。

 

 「それじゃぁ、灰灰じゃん!?」(頭痛が痛い系か?)と一瞬思ってしまったけど、単純にそういうことでもないらしい。

 

 主に美容業界の(染髪の)お話がたくさんでてきます。アッシュとグレーは微妙に違くて、それぞれを混ぜることで(それがアッシュグレー)また違った印象になるとのこと。

 

 そういうことか。また未知なるものにちょっと触れることができたぞ!

 

 だが、自分の場合は肝心の染めるものがなくなってきてるんで

                          実行は難しい(爆)

 あ、これって今週のお題「告白します」いけます!?

 

 今回は灰色をきっかけに調べてみましたが、そう考えますと色は無段階だし、その他の(艶や明度!?などの)要素も含めれば一つ一つ名前を付けるってのは難儀なことですよね。

 

 それで思い出しました。

 虹の色って日本では(自分も含め)7色って認識している方が殆どだと思いますが、世界ではそうでない国もたくさんあるらしいですよね。色を表現する言葉がどれだけあるのかって話らしいです。

 

 ♪人生イロイロ(by島倉千代子さん) 

  

 毛髪もイロイロ、、、

 

 、、、、失礼しました(笑)。