rising_spiritのブログ

東北発 70年代生まれのおじさんの心象世界

エルザ

 昨日は「アッシュ」が知らないだのなんだのと騒いでおりましたが、色のことばかりしか頭になく、「アッシュトレイ」とか「ドラゴンアッシュ」とか普通に周りにありましたね。。。しかもちゃんと記事中に「灰」って自分で書いてるくせに、、、、もう、なんだかなぁ(苦笑)


 そそっかしい性格がよく表れていて、もはやひとりボケ、ツッコミはこのブログのお約束ですね、アハハ(汗)。

 

 先日は「野生の王国」の話が少し出ましたが、ある一定の年代以上の方ですと、「野生の」とくれば、、、その後に続くものとして「証明」とか「エルザ」とかも出てくるのではないでしょうか?

 ただ、自分はどちらもまともには見てなくて、、、、(汗)。今回はネタバレどころかアウトラインも書けません。

 「おいおい!なんだよ。」って(笑)

 

 自分の知っているのは、、、、「すてきなエルザ」(byライオンズ1968)

 

 、、、強引だな(笑)

 

 GS(グループサウンズ)でタイガースは超有名ですよね!?ジャガーズを知っている方も比較的多いですよね(若さゆえ♪関連)!?


 だけど、ライオンズとなると(野球じゃないよ:笑)、、、??ですよね。

 

 確かにそうおっしゃる方が多いと思うのですが、これまた一度聞きますとハマるといいますか、好き嫌いがハッキリ分かれるかもしれない!?バンド及び楽曲だと思います(万人受けしなかった理由はソコかも!?)。

 今回は貼っちゃっていいのかどうかアレなので、興味のある方はYouTubeで検索なさってください。

 

 歌っているバックで「好き」とか「エルザ」とか、いきなり合いの手が入るんですが、それがとてもアンバランス。わざと外しているとしたら策士!?と思えるくらいです(笑)。

 

 自分も!?最初は違和感でしかなかったのですが、何度も聞いているとだんだんクセになってしまって。。。なんだろ!?この感覚は。

 そもそも、何度も聞いてる時点でアウトって話も(笑)。

 

 それ以外の作りはいかにもGS的な構成で(キーボードやベースの動きが特に)とても明解です。

 コレ、先入観なしで現代の若者が聞いたらウケると思うんだけど、、、(んなことないかぁ!?:笑)

 なんせ自分もリアルタイムでないくせにこんなこと書くくらいなので。

 まあ、単なる個人の好みの問題ってのもありますね(笑)。

 

 ちなみに、彼らの「信じておくれ」も同様に覚えやすい進行で自分は好きです。

 


 と、今日はあまりにもピンポイントなお話で戸惑った方も多いと思いますが、たまにこういうのもどうでしょう!?

 

※猫の毛からはじまり、野生のエルザとライオンズがネコ属でがつながっているって気づいたあなた、、、そんなあなたはもはや読者ではなく、まぎれもない毒者です!?(爆)