Web
Analytics

rising_spiritのブログ

宮城発 70年代生まれのおじさんの心象世界(ときどきプラモ)

浜辺楽曲

 いらっしゃいまっせ~。ようこそ当ブログへ。  

 Welcome to my blog.

 

庭に咲いてます

 

 集中プラ(モデル)モードから通常モードに戻りまして、少しゆったりしております今日この頃です。

 

 先日書いた「オオヨシキリ」の件、その後も茂みのそばを注意しながら通ってみたのですが、やはりいないようです(鳴き声はしません)。

 一方で??「ホトトギス」はまだ頑張っているようです。

 

 本日はあいにくの雨模様ですが、明日辺りからまた暑くなるようなお話もあるようですね。

 そこで夏本番に向け「サーフ・ミュージック」などを聞いてみたくなったり。

 

 「サーフ・ミュージック」といいますと読者の皆様はどんな曲を思い浮かべるでしょう!?

 

 ストップ・ザ・シーズン、インザさ~ん♪

 

TUBE シーズン・イン・ザ・サン - YouTube

 

 ん。でも、、、

 そもそもサーフミュージックってどういう定義!?

 夏の浜辺を連想させるってことでいいのかなぁ(グーグル先生にあとで聞いてみよう)。

 

 パッと思い浮かぶのが、ジャン&ディーンやビーチボーイズ、、、

 

Jan & Dean - Surf City - 1963 - YouTube

 

The Beach Boys - Surfer Girl - YouTube

 

 ちなみに、黄昏時に「サーファーガール」聞いてると心地よくて眠くなります(個人的感想:笑

 

 

 一方、眠くならない(と思われる)もので探しますと、、、

 

ゴールデン・ハーフ 「ゴールデン・ハーフの太陽の彼方」 1970 - YouTube

 

 ↓コチラの方が当ブログらしいですかね!?(バックは寺内師匠)

 

太陽の彼方に 藤本好一 - YouTube

 

 なんだかコーラスがウケまして(個人的感想2:笑

 

 そして、インストで迫るなら本家本元の

 

太陽の彼方に ~アストロノウツ~ - YouTube

 

 このリバーブ(ギターのエフェクトのひとつ)を盛大にかけた「ビショビショ感」がサーフっぽさの象徴!?同じフレーズの繰り返しでもあまり苦にならないところが、、、!?(個人的感想3:笑

 

 ちなみに、アストロノウツといえば、、、

 

アストロノウツThe Astronauts/チェッ・チェッ・チェッChe Che Che(1965年) - YouTube

THE ASTRONAUTS-KOI O SURUNARA(恋をするなら) - YouTube

 

 なども奏ってますが、これらは橋幸夫さんの曲のカバーですね。

 

橋 幸夫/チェッ・チェッ・チェッ(涙にさよならを) (1964年) - YouTube

橋 幸夫/恋をするなら (1964年) - YouTube

 

 エレキインストと歌謡曲の親和性というか、、、、なんというか、、、

 

 まさに「歌のない歌謡曲(笑

 

 

 あれ?なんかサーフな話とズレてきちゃいましたね(汗

 

 では話を戻しまして。

 

 こちらなんかはどうでしょう!?

 

由紀さおり・安田祥子 「浜辺の歌」 - YouTube

 

 安定の一曲!

 歌詞の言い回しが好きだったり(個人的、、←ってもういいから:笑

 

 ※サーフ≒浜辺

 

 失礼しました!

 

 

 

 本日もありがとうございました。また次回もよろしく!!

 Thank you again for your help today. I hope to see you again next time.