Web
Analytics

rising_spiritのブログ

東北発 70年代生まれのおじさんの心象世界

ついたて立てかけたって、かたってたか?

 ちわ~。

 また、わけのわからないタイトルですいません(笑)

 

 突然ですが、先日お届けしました「レッツゴーエレキ節」

 rising-spirit.hatenablog.com

 

 、、、ですが、その解説にこんなことが書いてあります。

 

このアルバムは画期的な録音技術で収録されているものであります。従来のマイクを立てて収録したものとは大分音質がことなることに気がつくことでしょう。 

 

 それ以降の文面からザックリ説明しますと、(ドラム以外は電気楽器!?なので)直結で音を拾っているので無駄な音は取り除かれている、、、ということが書いてありまして。。。

 

 ということは、、、、これ以前の一般的なレコーディングはどうしてた??

 

 そういえば誰かに、昔はマイクを立てて&お互いの(パートの)間に「ついたて」を立てて、「せ~の!」で録音していた、、、、的なことを聞いたことがあったような、、、、

 

 「ほんとかな?」という感じもしますが、そっちの方が自分としては「ガレージ(サウンド)」くさくて好きかも(自宅録音風??:笑)。

 

  現在、新型コロナ流行の世になり、TV番組などで「ついたて」立てて収録、放送しているのを見たりすると、ついその話を思い出してしまいます。

 

 ではでは、一方で「現在のレコーディングはどうなのか??」と言われても、実はよく分かりません。

 

 なんだ、知らないのかよ!!!(調べなさい:爆)

 

  当然「ついたて」はないと思いますが(笑)。

 

 しかも、よく「どこそこスタジオで録音どうの、、、、」ってのも、自分はその価値(違い)が分からないレベルかもしれません(そもそも聞き比べたこともないし、、、、汗)。

 

 

 というわけで、今からグーグル先生と調査の旅に行ってきます(笑)。

  

 もし、レコーディングエンジニア(元も含む)の方がご覧になっておりましたら、素人の勝手な想像ということで笑ってください。。。。(アハ)

 

 本日もありがとうございました!!