Web
Analytics

rising_spiritのブログ

宮城発 70年代生まれのおじさんの心象世界(ときどきプラモ)

北へ帰る2

 ばくのなまえは「やんの?」♪  ぼくのなまえは「まん坊」♪

 

 やらないみたいです。

 失礼しました。

 

 昨日、仙台管区気象台で標本木の開花が基準に達したということで「開花宣言」が出されたとのことです。

 今週、中ごろから後半には満開でしょうかねぇ。

 満開はいいけどまん延は困りますね。

 

 【昨日のつづき】

 

 このシーンの状態、後になって知りましたが、ノーマルバンパーに飾りのバンパーを被せて装着してあったんですね。

 整備でキャブをチルト(ティルト)するときに飾りが干渉するので飾りのバンパーを外していたという写真だった。。。。

 

 某誌などを見ていて、ノーマルからすっかり交換するバンパーが普通だとばかり思っていたので、コータロー少年はまさかノーマルが中にそのまま付いているなんて思いもしなかった、、、まだまだアマちゃん(三陸だけに!?)だったんですね(笑)。

 

 それにしても、浄土ヶ浜で整備とは、、、ちょっとポエムな仕立てだな!?(笑)

 

 昨日、車両が「入れる、入れない」のお話をしましたが、「物理的に入れるか」というだけのお話でした。誤解がありましたら面目ないです。。。。

 

 で、映画が始まってすぐに、そんなことはどうでもよくなるような衝撃の事実がありまして、、、

 

 「東映波しぶき(荒磯)」からの、、、、

 いきなりのテーマソング!?

 

 しかも、、、

 「一番星ブルース」じゃない!!

 (全体を通しても挿入すらされていなかった。。。)

 

 「ナニコレ??」(2回目)

 

 ここで少し説明します。

 トラック野郎のシリーズ全般を通じての流れとしまして、

 

 1.荒磯

 2.オープニングでちょっとしたシーン(小ネタ)

 3.テーマソング「一番星ブルース」が挿入されてのクレジット

 4.本編突入!

 というのがお約束の段取り(そのパターンが多かった)でした。

 

 それが、見事に崩されており、あろうことか、気分を最高に盛り上げてくれる「一番星ブルース」が挿入されていない!!

 気にしつつ見ていたが、最後までついに聞くことなく終わってしまった。

 

 当時のコーターロー少年は「初めてスクリーンで見た。」という嬉しさと同時に「ちょっと異質なもの。」という不思議な感覚を抱きました。

 

 【つづく】